ひまろぐ

ひまなときに書いてます

広島PCR検査に行ってきた!結果は・・

19日から広島県で8000人を対象に新型コロナウィルス感染の再拡大時に備えたPCR検査が開始されました。


この8000人というのは、広島市中区の住民およそ6000人と中区で働くおよそ2000人という事で、旧市民球場の跡地の検査会場は、車に乗ったまま検査を受けられる「ドライブスルー方式」のスペースと、歩いて来場した人が検査を受けるスペースの2つに分かれていました。
そして私は所の責任者として一応念の為というのと、家から五分もかからない、無料、興味本位等で、後者を選択。体調などを問診票に記入し、その後、受け取った容器に、だ液を入れて提出しました。f:id:ydpapasan:20210221065450j:plain酸っぱいものを思い出せるよう、レモンや梅干しの画像が各ブースに貼られています。f:id:ydpapasan:20210221065455j:plain
かかった時間は、問診表を書くのに3分、受け取った容器にだ液を入れて提出するのが3分(もっと短い人もいます)くらいでした。
もっとも、検査会場の混雑を防ぐため、広島市中区にある16か所の薬局で容器や問診票などの検査キットを事前に受け取ることができますが、キットは検体は検査会場に持っていく必要があるらしいです。

 

私は、混雑回避(あくまでも想像)で、夕方の方がいいのかなと思い、18:00~で行きましたが、検査を受けていたのは3人。混雑も全くなく、係の人の対応もよく、スムーズに検査ができました。
検査は原則、複数の検体を混ぜて分析を行う「プール方式」という手法がらしいです。広島県は当初、およそ70万人を対象にした大規模なPCR検査を行う予定と聞いてましたが、広島市内の感染状況が改善したことから実施を保留、今回の検査の目的は感染の急拡大に備えて迅速に対応できる体制を確認するためだという事。だ液がでるか心配で、会場に行くまでにだ液をためながら向かいましたが、係の人の説明を受けるときに、「はい」という返事が必要で、その場でだ液を飲み込んでしましました。今後の対策として、指差しでの回答やアプリ申し込みに必要事項を記入するなどで、出来るだけ話をさせないようにする工夫があれば尚いいと思います。

そしていよいよ結果の方ですが・・・。

 

 

検査結果は、翌日の18:00以降に電話連絡があるそうです。又HPで陰性であることが確認できるとの事。またご報告いたします!